スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Snow Leopard Server搭載のMac mini レビュー

一昨日AppleからMacの一部のアップデートがありました。
Mac late 2009

iMac Late2009
そのなかで一番進化したのはやっぱりiMacだと思います。
特に27インチのiMacはCorei7やCorei5も搭載することが可能になってもうエントリーモデルとは言えなくなりました...

MacBook late 2009
MacBookも媒体のモデルチェンジやスペックの底上げなど行いながら値段は10万円を切るなど良いアップデートになったと思います。

Snow Leopard Server搭載のMac mini
そのなかで一番欲しいと思ったのがSnow Leopard Server搭載のMac mini(以下Mac mini Serverと表示)でした。今までも普通のMac miniをサーバーにして運用している人もいましたがApple自らServer OSを搭載してくるとは思っていませんでした。

MacProがあるから特にいらない子、になってしまいそうなMac mini Serverですが、MacProはアイドル時の消費電力でもままなりません。

特にSkypeなどで長時間つけっぱなしの場合など電気代も怖いですし、環境にエコでは全くありません。 ですので簡単な作業+サーバー運用の為にMac mini Serverを導入することにしました。

Mac miniパッケージ

まずパッケージですが、PCというより壷が入ってるという感じの小さな箱でした。
MacBookシリーズもそうですが他社と比べるとパッケージが小さい分少しエコだと思います

Designed by Apple in California

箱を開けたら「Designed by Apple in California」がお出迎え

Mac mini ご対面

そのパッケージを抜き出すといよいよMac mini Serverとご対面

思っていたよりスマートな感じがしました。

Mac mini USB

Mac miniはUSB端子が5つもついているのであまりハブを使わなくても結構使えそうです。

Mac mini 冊子

Mac mini Serverは通常のSnow LeopardとはOSが違うので多くの冊子が同封されていました(これから少しずつお勉強!)

mini DVI-DVI

一番そこには電源ケーブルとMini DVI - DVIアダプタが入っておりDVIケーブルに繋いで使っています。

今はiTunesのデータを移行してiTunesサーバーを作ろうかと企んでます(^-^;

スポンサーサイト

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

Search
Recent article
About me

U~タ

Author:U~タ
iPod touchからappleに惹かれ
Macを購入し今に至る

Twitter
Mail address
Recent comment
Archives
Favorite Link
QR code
QR
RSS feed
更新停止 Link
AppStore
 iTunes Store(Japan)
BOSE
ボーズ・モバイルヘッドセット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。